<< 闇金ウシジマくん 1〜11 | main | ホタルノヒカリ1〜11 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
鬱の力
『鬱の力』 五木寛之 香山リカ 幻冬舎新書 2008年6月15日 第1刷発行

読んで思うことは、やはりこれからは鬱の時代が来るのかぁ。あぁ。
私の最近の鬱傾向は以前とは違い病的なのか普通にあるものを以前の傾向から勝手に病気だと思っているのかがやっぱり分からない。(実際、臨床でもこれは臨床で扱うべき領域なのか、こう人生いろいろあるうちの耐えねばならない試練的なものなのか分からないというような記述があったような気がする。でもこれは私判断なので詳しくは読んでください)

というか、私は確実に躁鬱なんだよな。で若干今は躁気味なんだよな。躁の方が案外危ないんだよね。全能感的なものが。

鬱の力 (幻冬舎新書 い 5-1)
鬱の力 (幻冬舎新書 い 5-1)
五木 寛之,香山 リカ
JUGEMテーマ:読書


| 2008年読んだ本 | 20:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:39 | - | - | pookmark |
コメント
私が読もうか迷っていると尋ねたら、
mina先生は、お勧めしてくださいますか〜???
あと、日本を降りる・・・も気になる。
| おりゅう | 2008/07/21 2:26 AM |
『鬱の力』は、軽い読み物として読むならお勧めです。
専門的な何かを求めるにはお勧めしないです。はい。
『日本を降りる若者たち』は、個人的に読んでよかったなぁと思います。こう、もうちょっと頑張ろうって思えましたわ。
| mina | 2008/07/26 11:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vino.jugem.cc/trackback/437
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
最後の授業 ぼくの命があるうちに
最後の授業 ぼくの命があるうちに (JUGEMレビュー »)
ランディ パウシュ,ジェフリー ザスロー
こんなに真剣に生きているかと思わされます。やらねば。
RECOMMEND
ティファニーで朝食を
ティファニーで朝食を (JUGEMレビュー »)
トルーマン・カポーティ
え! これってこんな話なの?!(映画見てないです。)
RECOMMEND
会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書)
会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書) (JUGEMレビュー »)
山崎 元
働こうと思っている人、働いている人は読んだ方がいいと思います。転職しない人も読むべし。
RECOMMEND
いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL
いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL (JUGEMレビュー »)
小林 よしのり
戦犯と聞いて、東条英機しか思いつかない人は読みましょう。
RECOMMEND
ナラタージュ (角川文庫)
ナラタージュ (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
島本 理生
後半、動きます!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS