スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
SAYURI
『SAYURI』 監督:ロブ・マーシャル アメリカ/2005

単純に、娯楽映画としてみれば面白いです。チャン・ツィイーはきれいだし、渡辺謙はかっこいいし。私は好きです。

ただ、もちろんものすごーく問題もあって、例えば、ちょこちょこ出てくるぎこちない日本語。興ざめです。全部英語でいいのになぁと。

細部にこだわると突っ込みどころ満載でって感じなんだろうけれども、大奥とか女のどろどろが好きな人は、普通にきゃっきゃいって楽しめると思います。

大体、原作も作り手もアメリカ人なんだから、日本を忠実に求めたってしょうがない。


SAYURI
SAYURI

| 2005年見た映画 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
リトル・ダンサー
『リトル・ダンサー』 監督:スティーヴン・ダルドリー イギリス/2000
(原題:BILLY ELLIOT)

『es』の後にこれを見たので、心温まるいい話でした。
でも、単なる主人公がダンサーにあこがれて云々という話だけではなく、実際は、親子の問題とか、働くことの問題とか(どうも、ストライキしているのですね。お金はないけれども、主義を貫こうとしているけれども・・・)あとおばあちゃんのちょっと痴呆がはいったところとか、下級と中流(上流?)階級の違いとか。結構実は問題を提起している感じです。
時代設定は、1984年のイギリスらしいですけれども、よく分からないです。(自分がその時代の社会背景が分かっていないので。)

こういうちょっと暗い(?)問題を提起しているので、主人公がちゃんと学校に受かって、それも一番のダンサーになっていることが暗示されるラストはいいですね。よかったなぁと言う感じです。ただ、これはTVでみたからなんですけど、ラストの余韻もなく即効CMにいって興ざめでした。映画館ならエンドロールで余韻が・・・という感じなんだろうなぁという感じです。

追記:1984年の炭鉱ストライキは結構な社会的事件だったみたいです。こういう背景も分かるとさらに面白いのだろうなぁ。
参考:Cheeky's Garden★英国党宣言のなかの『リトル・ダンサー』Billy Elliot (2000)


分かってなくても普通に楽しめる作品です。

リトル・ダンサー DTSエディション
リトル・ダンサー DTSエディション
| 2005年見た映画 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
es
『es』 監督:オリバー・ヒルシュビーゲル ドイツ/2001

気分のいい映画ではないですね。本当にアメリカであったことを脚色してあるみたいですが、今現在もこの手の実験は禁止されているようです。

看守役と囚人役に分かれるというだけで、人はその権力におぼれたりするんですね。怖いです。

でも、こう翻弄されるのはよく分かる気がします。
確実にこういう状況におかれたらおかしくなるだろうなぁという
感じはします。

実際は、アメリカでの出来事らしいですけれども、ドイツでこの映画が作られたことによって、なんとなくナチのことを思い起こさせます。
実際はそんなこと一言も出してないのですが。

es[エス]
es[エス]
| 2005年見た映画 | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春の雪
『春の雪』 監督:行定勲

やばい。好きな映画ランキング1位に躍り出るくらい私はものすごく好きだ。
一緒に言った友人(二人)は駄目だといっていた。盛り上がりに欠けるし、主人公の行動にいらつくと。しかし、私はものすごく主人公に共感する。

もし、現代なら、あんなふうに聡子が好き好きオーラを出していたら、安易に付き合って、体を重ね合わせる関係になって、自分が本当にその人のことをどう思っているかなんて考えなくて、なんかよくわかんないという感じになると思うのですけど、確かに清顕の態度は餓鬼なんだけれども、(また男のプライドもあると思うんだけど)でも自分の気持ちが分かるまでこういかないというのは凄く評価に値すると思うのですよ。

ってことで、原作も買いましたし、もう一度別の友人と見に行く予定です。
たのしみー。



春の雪
春の雪
| 2005年見た映画 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
星になった少年
『星になった少年』 監督:河毛俊作

妹と見に行ってきました。まあ想像通りのストーリーなんだけど、何を勘違いしたか、私はもっと何か別のことを妄想していて、期待しすぎたのもあって、そっか、なるほどねというような感想です。
母と子のストーリーって感じで、多分子を持つ親が見るともっと感慨深いものがあるのだろうなぁと思います。
注目の柳楽優弥くんですが、想像通り。かっこいいんだけどね。
常盤貴子さんのあの『ウワー』って泣き叫ぶのを予告で見ていて見たくて見たくてしょうがない映画だったのです。あの一コマを見れたので、まあよしとしようというような映画です。
実際あった話とか思うとね、泣けますね。映画館で泣きました。
TVで入ったらもう一回見ようかなぁという感じかな。レンタルはしない。

星になった少年 スペシャル・エディション
星になった少年 スペシャル・エディション
| 2005年見た映画 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
最後の授業 ぼくの命があるうちに
最後の授業 ぼくの命があるうちに (JUGEMレビュー »)
ランディ パウシュ,ジェフリー ザスロー
こんなに真剣に生きているかと思わされます。やらねば。
RECOMMEND
ティファニーで朝食を
ティファニーで朝食を (JUGEMレビュー »)
トルーマン・カポーティ
え! これってこんな話なの?!(映画見てないです。)
RECOMMEND
会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書)
会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書) (JUGEMレビュー »)
山崎 元
働こうと思っている人、働いている人は読んだ方がいいと思います。転職しない人も読むべし。
RECOMMEND
いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL
いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL (JUGEMレビュー »)
小林 よしのり
戦犯と聞いて、東条英機しか思いつかない人は読みましょう。
RECOMMEND
ナラタージュ (角川文庫)
ナラタージュ (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
島本 理生
後半、動きます!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS